大人の歯の矯正

近年は大人になってから歯列矯正を希望する人の数が増えてきていますが、そうした人たちの多くに共通する悩みが、「治療はしたいが目立つのが心配」というものです。 一般的な矯正用の治療具は金属製で、歯の表側に装着して歯列全体を締め付けるようにして歯を動かすというタイプのものです。これだと口を開いたときに器具が人目についてしまい、話をするときなどにどうしても気になってしまいます。 こうした心配に応えて、現在では目立たない治療法というものがいくつか開発されています。その1つがインビザラインです。 インビザラインは別名をマウスピース矯正ともいいます。その名のとおりマウスピースを歯に装着して歯を動かしていくという治療法です。

インビザラインに使われるのはアライナーと呼ばれるマウスピースですが、これは薄い透明な樹脂でできています。そのため人目につきにくく、よほど近距離から見られない限り気づかれません。また、金属製の器具と違って自分で簡単につけたり外したりできるので、食事の際などは外しておけば食べ物がくっついて不快な思いをするということがありません。もちろん就寝時や歯磨きの際にも外しておけます。 加えて、通常の矯正治療に比べると痛みが少ないという利点もあります。これは複数のアライナーを使って少しずつ歯を動かしていくためで、歯にいっぺんに強い力がかかり過ぎないようになっているためです。 このインビザライン、一般の歯科医院ではまだ取り入れているところはあまり多くありませんが、矯正専門のクリニックなどではかなり普及しています。